施工ブログ

現在進行中の施工現場レポートです。

2023.09.08
[MH耐震]コンクリート打設(下段)

本日(9/8)、朝から下段のコンクリート打設を行いました。

 

①打設に先立ち、初期の品質が適正であるかを試験により確認します。

 今回は通常使用するコンクリートとは異なり、スランプ値ではなくフロー値で管理します。

 

②コンクリートは、ポンプ車により圧送します。

 

③限られた投入口より投入します。また棒状バイブレーターもそこでしか使用することができません。。。

 

④表面の仕上がりは、脱型してからのお楽しみです。脱型は月曜(9/11)に行います。

 

⑤打設が午前中に完了し、午後より散水養生の準備をしました。

 

⑥しっかりコンクリートが硬化するまでもう少し時間があるので、1時間だけ安全教育を行いました。

⑦16:00、しっかり硬化していたので、散水しました。

 コンクリートを打設した下段にまでホースを配管し、ガーデンスプリンクラーにより自動的に散水できるようにしました。開口部の露出している個所は手で散水します。

 また、本工事現場近くには、水道・用水・川が存在しないため、水がありません。。。

 地上に2.0m3のタンクを設置し、それにバキューム車で水を運びました。。。

 散水した水は、水中ポンプで吸い上げ再びタンクの中へ戻し循環させて常時散水し湿潤状態を1週間保ちます。

 

尚、明日(9/9)は「下水道フェスタ'23」が開催されるようですよ!

いろいろを催しものもあるようですし、みなさん、ぜひご参加ください。

下水道フェスタ

 

2023.09.07
[MH耐震]型枠組立(下段)

月曜(9/4)15:00より監督員に鉄筋の確認をしていただきました。

火曜(9/5)より、下段の型枠を組み始め、本日(9/7)完了しました。

 

火曜(9/5)は、型枠工が当現場に新規入場となるので、作業する前に安全教育・訓練を行いました。

 

型枠の組立面積は少量なんですが、とにかく狭いうえに材料の荷下ろしが少しずつしかできず作業効率が悪いです。。。

 

①鉄筋材料の搬入時と同じく、ベビーホイストを利用して孔内へ材料を搬入します。

 

②角から順に型枠を建て込み、金具・パイプサポートにより堅固に組み立てます。

 

③完了後、寸法や外観・固定状態に不備がないかを検査します。(下請業者検査)

 

明日(9/8)、朝からコンクリートの打設を行います。

2023.09.01
[MH耐震]鉄筋組立

一昨日(8/30)、あと施工アンカー埋込完了の確認を受け、昨日(8/31)、鉄筋の組み立てを行いました。

①人力とホイストクレーンを使い分けながら、材料を孔内におろします。

②設計図に基づき鉄筋を配置し、鉄筋と鉄筋の交点及び重ね継手部を結束線にて緊結します。

③組立完了後、寸法(間隔・かぶり厚・継手長)が適正であるか、しっかり緊結されているかを検査しました。(下請業者検査)

本日、再度隅々まで測定し、管理図を作成しました。

発注者の確認(立ち合い)は、月曜(9/4)15:00からの予定です。

火曜(9/5)から、型枠の組立を行います。

2023.08.28
[MH耐震]アンカー筋埋込

本日(8/28)より、アンカー筋の埋込を行っています。

今回のあと施工アンカーは、カプセル式接着系アンカーを採用しています。

①カプセルをキャップ側が孔底となるよう孔内に挿入します。

 

②電動ハンマードリルにアンカー筋を固定し、回転を与えてカプセルを攪拌・混合しながら孔底まで埋め込みます。

全部で、上向き76本、横向き128本、下向き77本あります。

今日でほとんどが完了しました。明日、あと1時間ほどで完了すると思います。

完了次第、すべてのアンカー筋について、しっかり埋め込まれているか測り、管理図を作成します。

明後日(8/30)15:00より、発注者の確認を受ける予定にしています。

2023.08.25
[加賀市]ブロック積部の掘削・切土(勾配1:0.43)!

ブロック積を行う部分について、掘削(切土)を行いました。

掘削(切土)の法勾配は1:0.43になります。

ブロック積箇所全体の掘削・切土は9割程度完了しましたが、引き続き発生土の移動や法面整形を行うことになります。

 

2023.08.25
[MH耐震]目荒し(表面粗面処理)完了

昨日(8/24)目荒し作業が完了しました。

〇目荒し・・・既設コンクリートの接合面との馴染みをよくするため、専用治具(ビシャン)を装着したエアーコンプレッサーを用いた削岩機(チッパー)により、粗面処理を施します。粗面処理に先立ち、目荒しラインに浅くカッター目を入れ、粗面処理範囲を最小限に留めます。

作業完了後、目荒し範囲がしっかり粗面処理されているかを確認しました。[下請業者検査]

2023.08.20
[加賀市]切土・掘削 を継続作業中!

8月初旬から、ブロック積施工箇所の切土・掘削を行っています。

切土・掘削により発生した土砂は、バックホウ(0.7㎥級)を3台を用いて、順次 造成盛土箇所に送りながら作業をすすめています。

お盆休みが明けてからも同様の作業を行っていますが、土量が多いため まだ完了していません。

2023.08.19
[MH耐震]アンカー孔削孔

8/17(木)、あと施工アンカーの削孔を行いました。

当初は、1.5日~2日を見込んでいましたが、2時半頃に作業は完了しました。

作業完了後、削孔長(深さ)、削孔間隔(ピッチ)が適正かどうかを検査しました。(下請業者検査)

特に問題はありませんでした。

また、明日の予定にしていた安全教育も15:00~行いました。(2h)

来週より、既設構造物表面の目荒しを行います。

(新旧のコンクリートの馴染みよくするため、旧コンクリートの表面を粗面にします。)

2023.08.10
[MH耐震]メロン収穫

ミニメロン収穫しました。

さて、お味のほうは?

2023.08.07
[MH耐震]お盆休みのご案内

先日(7/27)行った鉄筋探査で既設鉄筋が干渉する箇所が多数あり、新設するあと施工アンカーの位置について現在発注者と協議中であり、現場作業は行っていません。

お盆休みは、8月11日~8月16日までです。

17日から、あと施工アンカーの施工を開始します。

よろしくおねがいします。

2023.07.31
[MH耐震]取壊し完了・災防協

先週で、既設インバートの取壊しと既設の鉄筋探査を完了しました。

取壊しは、先々週で完了の予定にしてましたが、予想以上にコンクリートが堅かったことと、猛暑が続いたことで予定よりも工程が遅れることとなりました🥵

完了後、しっかり隅々まで取り壊されているかチェックしました。(下請検査)

既設の鉄筋がどのように配置されているかを専用の測定機により探査しました。

この探査の結果により、アンカー施工箇所に既設の鉄筋が干渉するかどうかを検証します。

 

また、7/28(金)13:30からは、7月度の災害防止協議会を行いました。

今回も、「連絡管廊C耐震補強(元請;雄基工業)」「高岡幹線MH耐震対策(元請:雄基工業)」「新湊高岡幹線MH耐震対策(元請:タケウチ工業」の3工事合同で行いました。

主に来月の工程について話し合いました。来月からは、3工事とも作業することになり、下請業者も同業者が多いため、、みんなで協力して極力工程に無駄を作らないよう、調整していきたいと思います。

明日(8/1)、高岡の夏の風物詩である「高岡七夕まつり」がはじまります。

大きな七夕飾りはできませんが、、、少しだけ飾り付けをしました🎋

2023.07.27
[加賀市]ブロック積箇所、切土・法面整形

■今週(7月24日)からブロック積箇所の切土・法面整形に着手しています。

切土の土量は相当な量が発生します。

 

■ブロック積箇所から発生した土砂は、工場敷地の盛土に使用します。

(ブロック積箇所より 工場建設予定地を撮影 ↓)