WORK02

TOP > WORK02

既設鋳鉄管(撤去管)の管廊外搬出!処分場運搬!

 今週は、先週撤去したスカム排水管、池排水管(いづれも鋳鉄管)を管廊外へ搬出し、本日処分場へ運搬しました。

【排水管解体】(先週)

2020.8.20.JPG

2020.8.21.JPG

【管廊外へ搬出】内部作業

 

2020.8.25-1.JPG

【管廊外へ搬出】外部作業(13tラフタークレーンによる荷揚げ)

2020.8.25-2.JPG

【管廊外へ搬出】(施設内仮置き)

2020.8.25-3.JPG

【処分場運搬】(施設内積み込み)

2020.8.26-1.JPG

【処分場運搬】(処分場到着 計量中)

2020.8.26-2.JPG

 

工事の開始!支障物件の仮移設など

 8月17日より、現場に着手しました。

まず初めに、補強工事を行う際に、スカム排水管・池排水管が支障となるので仮配管の設置を行っています。

また、ケーブル・電線配線(高圧、制御、動力)も支障となるので、天井部に仮移設を行っています。

本日、仮配管への切り替え作業を行い、無事に完了しました。

明日より既設鋳鉄管の解体作業を行います。

【仮配管設置作業】

2020.8.19-1.JPG

【ケーブル等仮移設作業】

2020.8.19-2.JPG

【接続部の既設管 撤去作業】

2020.8.19-3.JPG

【接続部の仮配管 接続作業】

2020.8.19-4.JPG

【スカム・池排水 仮設配管切り替え完了】

2020.8.19-5.JPG

 

二上浄化センター連絡管廊F-4耐震補強工事 の受注!

 先月7月6日に二上浄化センターの耐震補強工事を受注しました。

工事概要は下記のとおりです。

工事名:小矢部川流域下水道二上浄化センター連絡管廊F-4耐震補強工事

工期 :令和2年7月7日から令和3年2月16日まで

発注者:富山県 (高岡土木センター下水道課)

受注者:雄基工業株式会社

現場代理人:犀川 秀紀

主任技術者:犀川 秀紀

工事内容:鉄筋コンクリート増打補強工 L=45.9m

現場作業は、お盆連休明けの8月17日から、仮設配管設置、配管撤去、配線器具仮移設を行う予定です。

2020.8.6-3.JPG

2020.8.6-4.jpg

2020.8.6-1.JPG

2020.8.6-2.jpg

管廊その2工事 工事を振り返って!

 明日、3月30日 工事完成検査を受けます。

今回の工事は、施工条件(工事箇所に既存の配管等があり狭い)が悪かったにもかかわらず、下請業者さんの協力のおかげで無事工事完了を向かえました。工事関係者の皆さま、どうもありがとうございました。

今一度、今回工事を振り返ってみます。

【構造物撤去工】既設構造物の取壊し (令和1年10月初旬~)

2020.3.29-1.JPG

【あと施工アンカー(削孔)、目荒し】側壁部 (令和1年11月中旬から12月初旬)

 

2020.3.29-2.JPG2020.3.29-3.JPG

【あと施工アンカー(アンカー筋定着)】(側壁部) (令和1年12月中旬~下旬)

2020.3.29-4.JPG

【鉄筋組立】側壁部 (令和1年12月中旬)

2020.3.29-5.JPG

【あと施工アンカー(削孔)、目荒し】底板部 (令和2年1月初旬から中旬)

2020.3.29-6.JPG2020.3.29-7.JPG

【あと施工アンカー(ジベル筋定着)】底版部 (令和2年1月下旬)

2020.3.29-8.JPG

【鉄筋組立】底版部 (令和2年1月下旬~2月初め)

2020.3.29-9.JPG

【底版部コンクリート打設】(令和2年2月6日)

 

2020.3.29-10.JPG

【型枠組立(1次施工)】(令和2年2月中旬)

2020.3.29-11.JPG

【側壁部コンクリート打設(1次施工)】(令和2年2月20日)

2020.3.29-12.JPG

【型枠組立(2次施工)】(令和2年2月下旬)

2020.3.29-13.JPG

【側壁部コンクリート打設(2次施工)】(令和2年2月29日)

2020.3.29-14.JPG

【階段工、床コンクリート型枠組立】(令和2年3月初旬)

2020.3.29-15.JPG2020.3.29-16.JPG

【床コンクリート打設】(令和2年3月16日)

2020.3.29-17.JPG

2020.3.29-18.JPG

【池排水管Φ300復旧】ダクタイル鋳鉄管GX形Φ300 (令和2年3月下旬)

2020.3.29-19.JPG

【工事完了】(3月27日完了)

2020.3.29-20.JPG

 以上が今回工事のおおまかな流れとなります。

今回の工事を終えて、耐震補強工事は通常の工事と違い、既存の設備(配管等)が使用されている状態、設置されている条件のため、いろいろな制約や狭所での施工となり、すべての作業が大変だったと感じています。

そのような中で、下請業者さんの協力もあり無事工期内に工事が完了できました。

自分自身、今回の現場での経験は、いい勉強になりました。今後もインフラ施設の老朽化がすすみ、既存の構造物の耐震補強や維持メンテナンス等の需要が高まってくると思われるので、今回の経験を生かしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

管廊その2工事 工事完了!

 9月下旬から工事にかかっていた連絡管廊の耐震補強工事、ようやく完了しました。

今週は、ダクタイル鋳鉄管の据付・接続を行い、手摺の設置、管廊内の清掃・片付けを行いました。

3月30日に完成検査を受ける予定です。

【ダクタイル鋳鉄管GX形の据付】

2020.3.26-1.JPG

2020.3.26-2.JPG

【完成写真】

2020.3.26-3.JPG2020.3.26-4.JPG

≪前の5件を見る

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11