WORK02

TOP > WORK02

[管廊F-4工事]ダクタイル鋳鉄管GX形 順調に施工中です!

現在、 順調にダクタイル鋳鉄管GX形Φ300の据付作業をすすめています。

据付が終わった箇所から、配管サポートの根巻モルタルの型枠を設置し、来週には、工事期間中、仮設配管で切り回しを行っていた塩ビ管から、据付を行ったダクタイル鋳鉄管GX形Φ300に切替接続を行う予定になっています。

【管廊内】据付・接合作業中

2021.2.19-1.JPG

2021.2.19-2.JPG

【管廊内】配管サポート根巻モルタル型枠設置

2021.2.19-3.JPG

[管廊F-4工事]ダクタイル鋳鉄管GX形Φ300の施工開始!

 今週からいよいよ[ダクタイル鋳鉄管GX形Φ300]の施工を開始しました。

昨日、管材料を管廊の天井開口部(2m×3m)より管廊内へ搬入し、本日から据付・接合作業に取り掛かっています。

スカム排水管がL≒100mで、池排水管がL≒50mの据付距離となります。昨年の「耐震補強その2工事」より広い空間でできるため順調に作業がすすんでいます。

【管廊外部】天井開口部より管材料搬入

2021.2.15-1.JPG

【管廊内】鋳鉄管の運搬

2021.2.15-2.JPG

【管廊内】ダクタイル鋳鉄管GX形の据付・接合

2021.2.16-1.JPG

2021.2.16-2.JPG

 

 

[管廊F-4工事]あともう少し!配管復旧を残すのみ!

 あともう少しで現場が完了しますが、着手前と現在の状況がどのように変わったか比較してみます。

【管郎F-2】

(着手前)

2021.2.14-1.JPG

(現在)

2021.2.14-2.JPG

躯体目地部に伸縮ゴム継ぎ手が取り付けられ、躯体形状も変わっています。

底版厚が20㎝厚くなったのと、向かって左側の壁も20㎝厚くなっています。

【管廊F-4】

(着手前)

2021.2.14-3.JPG

(現在)

2021.2.14-4.JPG

こちらの方も、伸縮ゴム継手が取り付けられ、底版厚さが40㎝厚くなったのと、向かって右側の壁が30㎝厚くなっています。

写真を見ていただければわかると思いますが、あとはダクタイル鋳鉄管の復旧を行うのみです。

残りわずかですが、気を抜かず安全第一で作業をすすめていきたいと思います。

 

 

 

 

 

[管廊F-4工事]伸縮ゴム継手取付完了!次週よりダクタイル鋳鉄管据付開始!

 伸縮可とう継手工事の伸縮ゴムの取付けが完了し、今日、社内検査を実施しました。

検査後、作業用足場を解体し、管廊内の一斉清掃を行いました。(写真は清掃後を撮影)

次週からダクタイル鋳鉄管を管廊内に搬入し、池排水管・スカム排水管の据付作業を行います。

据付区間は管廊F-1~管廊F-2~管廊F-3~管廊F-4~管廊I-1になります。

【管廊D-2】

2021.2.13-1.JPG

【管廊F-1】

2021.2.13-2.JPG

 

【管廊F-2】

2021.2.13-3.JPG

 

2021.2.13-3-1.JPG

【管廊F-3】

2021.2.13-4.JPG

【管廊F-4】

2021.2.13-5.JPG

2021.2.13-5-1.JPG

 

[可とう継手・管廊F-4工事]工事進捗状況!

 2月10日になり、いよいよ工期が残り1か月ほどになりました。

可とう継手工事では管廊D-2~管廊F-4区間において、5箇所で伸縮ゴムの取付け作業を行っています。

作業条件が前回箇所より良かったので当初の予定よりも早く施工がすすんでいます。

【可とう継手工事】

[伸縮ゴム焼き継ぎ]

2021.2.10-5.JPG

[押さえ板取付]

2021.2.10-6.JPG

[取付完了]

2021.2.10-7.JPG

また、管廊F-4工事では、ケーブルラック・ケーブル配線の復旧、池排水・スカム排水の配管架台の取付けがそれぞれ完了しています。

昨日、ダクタイル鋳鉄管GX形Φ300の管材料が入荷し、本日、材料の段階確認を受けました。

来週からいよいよ配管設置作業を行います。

【管廊F-4工事】

[ケーブルラック・ケーブル配線復旧]

2021.2.10-1.JPG

2021.2.10-2.JPG

[配管架台設置]

2021.2.10-3.JPG

2021.2.10-4.JPG

 

 [ダクタイル鋳鉄管の材料確認]

2021.2.10-8.JPG

 

 

 

≪前の5件を見る

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11