WORK02

TOP > WORK02 > 下麻生下水-管きょ工(開削)

下麻生下水-管きょ工(開削)

今週に入り、本格的に管きょ工(開削)の施工に取り掛かりました。

管路の掘削は、0.45m3級のバックホウにて行っています。

IMGP7824_convert_20170914083440.jpg

ある程度掘削した段階で簡易土留パネルを設置し、掘削と圧入を繰り返しながら所定の深さまで建て込んでいます。

IMGP7831_convert_20170914083611.jpg

地下水低下工(ウエルポイント)と6インチ水中ポンプを併用して、水替えを行っています。

IMGP7853_convert_20170914083714.jpg

下水道管は、リブ付き硬質塩化ビニル管を使用しています。

IMGP7781_convert_20170914090615.jpg

IMGP7784_convert_20170914090654.jpg

管挿入後、下水道塩ビパイプ埋設用サポートにより、所定の位置・高さに固定しています。

IMGP7923_convert_20170914173338.jpg

IMGP7942_convert_20170914173133.jpg

締固め不足が生じやすい管側部は軽便バイブレーターにより入念に締固めを行っています。

IMGP7915_convert_20170914172954.jpg

IMGP7920_convert_20170914173604.jpg

管路埋戻及び路盤は1層当たりのまき出し厚を規定の厚さ以下(管路埋戻=20㎝以下、路盤=15㎝以下)となるようタンピングランマーにて入念に締固めを行っています。

IMGP7887_convert_20170914083756.jpg

IMGP7899_convert_20170914083833.jpg

(主)新湊庄川線横断の推進工の施工は9月25日から予定しています。

引き続き、ご理解とご協力をお願いいたします。