WORK01

TOP > WORK01 > インター線9-生コン圧縮強度試験

インター線9-生コン圧縮強度試験

富山県土木工事共通仕様書では、打設の際に供試体を採取し、材令7日と材令28日で圧縮強度試験を実施することが規定されています。

12月4日打設分(消雪工保護コンクリート-第1回目打設分)の材令7日の圧縮強度試験を本日生コンプラントにて実施したため、立ち会ってきました。

今回の消雪工保護コンクリートで使用するコンクリートは設計基準強度が30N/mm2のものです。

本日の試験結果は21.2N/mm2でした。この結果から推定式により材令28日の推定強度を算出します。

結果は、生コンプラントより報告書が後日届くこととなっています。

 

○現場での供試体採取

IMGP0463_convert_20141211172600.jpg

○生コンプラントでの圧縮強度試験

IMGP0538_convert_20141211172011.jpg

現在進行中の
施工現場レポートです。

Entries

Archive

2019.08

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31