WORK01

TOP > WORK01

二上管廊1_ゴーヤのおすそわけ

 現場で栽培しているゴーヤ、どんどん実がなってきました。

とても作業所職員だけでは、食べきれず・・・。

場内の草刈りを行っている地元自治会関係者の方々や近隣工事関係者の方々におすそわけしました。

みなさん、大変喜んでおられました。

味はどうでしょうか・・・??

 

 KSI00377.jpg

 KSI00400.jpg

二上管廊1_第2回段階確認(杭心位置:施工前確認)

 【第2回工事段階確認(監督員確認)】

本日(8/5)午後1:30から、施工前の杭心位置及び既設構造物の基準高等の確認を受けました。

〇ニゲ杭から杭心までの距離確認

 KSI00384.jpg

〇既設構造物から杭心までの離隔確認

 KSI00390.jpg

〇既設構造物天端基準高の確認

 KSI00397.jpg

 

明日、再度埋戻しを行ない、一旦通路を開放します。

現段階では、杭製品が現場に納入されるのがはやくて9月末です。

9月下旬より、再度、通路は「通り抜け不可」とさせていただき、杭施工の準備に取り掛かる予定です。

関係の皆様には、多大なご迷惑をお掛けしておりますが、ご理解賜りますようお願いいたします。

二上管廊1_高木移植(堀上げ~植栽)

 いよいよ、施工に支障となる高木3本を移植しました。

 

【7月22日(月)】

〇堀上及び植込みの際の吊り込みは60tラフタークレーンにより行います。

 植込みは、浅植え、深植えにならぬよう充分注意して行います。

 ・堀上げ

  KSI00305.jpg

 

 ・植込み

  KSI00308.jpg

 

〇埋戻し

 埋戻しの際は、鉢穴に空隙を残さぬよう注意して行います。

 

〇水ぎめ

 鉢の内側を水で少しづつ崩しながら、水を入れていきます。

 水がある程度溜まってきたら、棒を突き刺しながら、鉢内に泥水がいきわたるようにします。

  KSI00329.jpg

 

〇支柱設置(丸太八ツ掛支柱)

 支柱と樹木の結束部分は、杉皮をあてしゅろ縄で割縄掛けで結束します。

  KSI00335.jpg

 

 支柱は掛矢にて支柱材端部を破損させぬよう注意しながら打込みます、

  KSI00334.jpg

 

 支柱と横木の結束は、釘打ちの鉄線掛けとします。

  KSI00336.jpg

 

◎これで、樹木の仮移植作業は完了しました。

 9月下旬に杭材料が納入予定です。それまで、施工ヤードの整備、地下埋設物の確認、杭心・躯体位置の測量等 を行います。

二上管廊1_ゴーヤ栽培

今週、雨が続いたためか、1週間で一気に増殖しグリーンカーテンらしくなりました。

 

 KSI00284.jpg

 

 KSI00285.jpg

 

あとは、どのくらい実を収穫できるか楽しみです。

二上管廊1_安全教育(7月度)

樹木の根巻き作業が、本日中の完了を予定してましたが、午前中に作業が完了したので、午後は安全教育を行いました。

 

〇7月度 安全教育

 令和元年7月18日(木) 13:00~17:00

 参加者:4名

  職員:1名(現場代理人:中村)、造園工:3名(㈱やの園)

 

 ①計画工程の説明

   KSI00280.jpg

 

 ②造園工事の作業のポイント(安全管理マニュアル)

 

 ③DVD視聴『危ない!倒れる!移動式クレーンの脅威』

   KSI00281.jpg

 

 ④梅雨時の健康管理・気象病の説明

 

 ⑤腰痛の予防(理学療法ハンドブック)・腰痛予防体操

   KSI00282.jpg

   

   KSI00283.jpg

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

現在進行中の
施工現場レポートです。

Entries

Archive

2019.08

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31