WORK02

TOP > WORK02

下麻生下水-工期延期・ウエル撤去

●工期延期

当初、開削施工を行う予定であった県道歩道部に重力式擁壁が発見されたことにより、発注者との協議・検討の結果、工法及び路線を変更することになり、工期が11月30日まで延期することになりました。それに伴い、当初、県道車道部では施工を行わない予定でしたが、車道部に立坑を設けなければならなくなり、車道部の一部を片側交互通行とせざるをえなくなりました。通行される皆様方には多大なご迷惑をおかけすることになりますが、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

IMGP8150_convert_20171021100024.jpg

 

●ウエルポイント撤去~市道開放

10月21日(土)、地下水を吸い上げるために市道部に設置してあったウエルポイントを撤去しました。

開削部路面は路盤の状態ですが、市道を解放しました。

9月上旬より約1か月半の間、通行や騒音等で皆様方には多大なご理解とご協力をいただきました。

ありがとうございました。

IMGP8161_convert_20171021100213.jpg

 

●今後の予定

10月23日(月)より、変更となった個所の施工に取り掛かります。(推進工:県道片側交互通行)

下麻生下水-取付管工

10月に入り、推進工の施工が完了したので、市道の片側交互通行を切り替え、市道を横断する取付管の施工を順次行っています。(市道部は3か所)

●配管前に、支管取付位置に、ホールソーにてせん孔しました。

IMGP8116_convert_20171010100239.jpg

●せん孔後、せん孔くず等をきれいに取り除き、ゴムパッキンに滑剤を塗布し、パッキン溝とリブ山、せん孔位置を合わせてセットしました。

IMGP8117_convert_20171010100405.jpg

●取付管は、ます及び取付管内に汚水だまりが生じないような勾配を確保し布設しました。

IMGP8128_convert_20171010100502.jpg

●市道には、水道本管が存在しており、充分注意して作業しました。水道管との離隔を30㎝以上確保し取付管を布設しました。

IMGP8137_convert_20171010100559.jpg

 

 

下麻生下水-推進工

9月26日(火)より、県道横断部の鋼管推進工事の施工に取り掛かりました。

●施工前に、監督員に使用資機材の確認をしていただきました。

IMGP8081_convert_20170930082648.jpg

IMGP8083_convert_20170930082730.jpg

●推進機は、あらかじめ基礎コンクリート内に埋設した鋼材に、回転力・推進力による変動が起こらぬよう確実に固定しました。

RIMG0019_convert_20170930081749.jpg

RIMG0020_convert_20170930081928.jpg

●滑材及び地下水流出防止のため、坑口を確実に取り付けました。

RIMG0021_convert_20170930082005.jpg

●鏡切りは、ホース・シール等損傷させぬよう注意しながら、ガス切断により行いました。

RIMG0023_convert_20170930082041.jpg

RIMG0024_convert_20170930082130.jpg

●29日(金)現在で20本中16本の推進が完了しました。

 各管の継ぎ手は溶接により接合し、グラインダーにより表面仕上げを行っています。

RIMG0026_convert_20170930082308.jpg

RIMG0061_convert_20170930082401.jpg

RIMG0062_convert_20170930082505.jpg

RIMG0073_convert_20170930082434.jpg

●今日(9月30日(土))で、さや管となる鋼管推進が完了し、10月2日(月)に推進機撤収・管内清掃等を行い、10月3日(火)に下水道本管となる塩ビ管の挿入を予定しています。

下麻生下水-本管推進発進立坑

9月21日(木)、本管の県道横断部推進の発進側立坑の基礎コンクリートを打設しました。

予定通り、25日(月)より本管推進工の施工に取り掛かります。

〇土留工:簡易土留パネル・軽量鋼矢板

・軽量鋼矢板建て込み

IMGP8003_convert_20170922073046.jpg

〇砕石基礎(再生砕石:RC-40)厚さt=150

・プレートコンパクターによる締め固め

IMGP8009_convert_20170922073153.jpg

〇基礎コンクリート(21-8-40BB)t=250

・H鋼セット(コンクリート打設前)

IMGP8058_convert_20170922073235.jpg

・コンクリート打設

(コンクリートホッパーによるコンクリート投入)

IMGP8059_convert_20170922073332.jpg

(敷き均し・バイブレーターによる締め固め)

IMGP8063_convert_20170922073410.jpg

下麻生下水-社内安パト・下請検査・段階確認

9月15日(金)11:00、当社安全担当による毎月1回行われる抜き打ちの安全パトロールでした。

当工事では、初回ということで各種安全書類についてはしっかりとチェックされました。

現場についても、保安施設の状況や、安全掲示板に漏れがないかなどしっかりとチェックされました。

特に指摘事項はありませんでしたが、『週末台風の恐れがあるということで対策を万全にしておくこと!』とのことでした。

IMGP7953_convert_20170916082858.jpg

IMGP7954_convert_20170916083126.jpg

IMGP7955_convert_20170916083238.jpg

 

13:00より、現場代理人により管きょ工(開削)の施工業者である㈱YS工業の下請業者検査を行いました。管の高さや中心線、管路埋戻・路盤の厚さ・高さ・幅などを検査しました。

特に問題はありませんでした。

IMGP7956_convert_20170916090214.jpg

IMGP7957_convert_20170916083852.jpg

 

14:00より、第3回工事段階確認として、監督員に立ち会っていただき、管の高さ、基礎砕石の厚さ・幅、管路埋戻・路盤の厚さ・高さ・幅、各層現場密度試験用の試料採取などの確認をしていただきました。

IMGP7959_convert_20170916083955.jpg

IMGP7960_convert_20170916084235.jpg

IMGP7967_convert_20170916084346.jpg

≪前の5件を見る

1  2  3  4