WORK01

TOP > WORK01

二上塩混-作業再開

待ちに待った鉄筋材料がようやく納入できましたので、現場の作業を11月12日より再開しています。

11月12日は、既設の鉄筋探査を行いました。

IMGP0705.jpg

 

11月14日より、鉄筋探査のマーキングをもとに(既設鉄筋と干渉しないように)、接着系アンカー孔の削孔を行っています。

1日当り目標100孔(全660孔)とし、22日に完了の予定にしています。

IMGP0718.jpg

 

二上塩混-既設ひび割れ調査

掘削時、今回施工箇所(耐震補強対象箇所)の既設構造物に多数のひび割れが発見されました。

発注者との協議の結果、コンクリート診断士による【ひび割れ診断】を実施することとなりました。

7月27日に現場代理人により、ひび割れ幅・長さを測定しひび割れ幅測定表及び展開図を作成して、コンクリート診断士に報告しました。

 

・クラックスケールによるひび割れ幅測定

 IMGP0427_convert_20180808101504.jpg

 

ひび割れ幅測定表及び展開図を基に、8月7日にコンクリート診断士により現地外観調査をしました。

 

・超音波によるクラック深さ測定

 IMGP0527_convert_20180808101604.jpg

・テストハンマーによる強度推定調査

 IMGP0532_convert_20180808101729.jpg

 

今回の調査結果を基としたコンクリート診断士による診断報告書により、今後の方向性について発注者と協議していきます。

 

二上塩混-社内検査(既製杭工)

 本日(8月1日)9:00より、当社社内検査員有資格者による、第2回目の社内中間検査を受けました。

〇検査対象

 ●既製杭工(SCパイル杭 N=10本)

〇検査内容

 ●各種施工記録(品質・出来形等)

 ●現場出来形(杭天端基準高・杭根入れ長・杭偏心量・杭傾斜等)

  ・全景確認

   IMGP0366_convert_20180801171904.jpg

  ・杭天端基準高確認(規格値±50㎜以内)_【レベルによる測定】

   IMGP0352_convert_20180801171358.jpg

  ・杭心座標位置確認(規格値100㎜以内)_【トランシットによる測定】

   IMGP0356_convert_20180801171438.jpg

  ・杭偏心量確認(規格値100以内)_【スケールによる測定】

   IMGP0365_convert_20180801171817.jpg

  ・杭傾斜確認(規格値±1.0%以内)_【デジタル水平器による測定】

   IMGP0360_convert_20180801171640.jpg

書類(各種施工記録・安全管理書類)、現場出来形共に問題なく、指摘事項は特にありませんでした。

 

二上塩混-下請検査(既製杭工)

7月30日(月)10時より、既製杭工(下請業者:藤村ヒューム管㈱)の下請業者検査を行いました。

【富山県土木工事出来形管理基準】に基づき、杭天端基準高・杭根入れ長・杭偏心量・杭傾斜を測定しましたが、いずれにおいても規格値内でした。

施工場所が極めて狭隘であることや、先端土質に軟弱地盤と思われる土砂の発覚等、いろいろありましたが、その都度柔軟に対応していただきました。

ありがとうございました。

 

・各種施工記録確認

 IMGP0514_convert_20180731113339.jpg

・杭天端基準高確認

 IMGP0515_convert_20180731114357.jpg

・杭偏心量確認

 IMGP0517_convert_20180731114528.jpg

・杭傾斜確認

 IMGP0520_convert_20180731114626.jpg

 

明日、社内中間検査を受ける予定になってます。

 

二上塩混-工期延期

 平成30年7月20日付けで工期が延期となりましたのでご報告いたします。

当初:平成30年7月31日まで

変更:平成31年3月15日まで

変更理由:配筋図の精査に伴う変更に時間を要したため。

 

引き続き、関係の皆様方にはご迷惑をお掛けしますが、ご理解いただきますようよろしくお願いいたします。

 

 IMGP0387_convert_20180731112415.jpg

 

 

 

 

 

 

≪前の5件を見る

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11