WORK01

TOP > WORK01

谷内川樋門-お盆休み

8月14日~8月16日の3日間、お盆休みでした。

お盆休み中も交代で、毎日現場巡視を行いました。

14日は夜中から早朝にかけて大雨だったので増水による災害が心配でしたが、異常なくよかったです。

 

また、プランターの水やりも毎日行いました。

DSC_0616_convert_20150816183346.jpg

谷内川樋門-矢板工完了

8月7日(金)で矢板工の施工が完了しました。

IMGP2610_convert_20150814064827.jpg

 

8月10日(月)に矢板工施工により乱れた掘削基面を整正し、8月11日(火)に25tラフタークレーンにて均しコンクリートの打設を行いました。

矢板工施工と同様に施工前に北陸電力㈱送電課立ち会いのもと、送電線との離隔距離等について確認しました。

IMGP2628_convert_20150814064934.jpg

IMGP2640_convert_20150814065056.jpg

 

8月12日(水)に、出来形の測定を行い、8月13日(木)11:00より矢板工の施工業者の下請業者検査(共和クレーン㈲)行いました。

・鋼矢板基準高確認

IMGP2654_convert_20150814065231.jpg

 

14:00より当社検査員による社内検査を受けました。

・鋼矢板基準高確認

IMGP2678_convert_20150814065304.jpg

・鋼矢板変位確認

IMGP2681_convert_20150814065336.jpg

 

15:00より発注者監督員に確認を受けました。

・鋼矢板基準高確認

IMGP2692_convert_20150814065409.jpg

・鋼矢板変位確認

IMGP2701_convert_20150814065443.jpg

 ・均しコンクリート出来形寸法確認

IMGP2705_convert_20150814071737.jpg

 

特に大きな問題はありませんでした。

14日より16日までお盆休みです。

大雨も予想されていますので、休み中も交代で現場巡視します。

18日は午後より工事観察の予定になっています。

谷内川樋門-8月安全教育

8月11日10:00~12:00と8月12日16:00~17:00に安全教育を行いました。

○8月11日

 ・今後の工程の説明

IMGP2624_convert_20150812183427.jpg

 ・土工事の一般的な作業手順の説明

 ・夏風邪の予防について

 ・ダンプトラック後進時の誘導合図について

IMGP2626_convert_20150812183548.jpg

 

○8月12日

 ・今後の工程について

 ・工事用車両の通行経路について

 ・建設業に必要な資格について

 ・隠れ脳梗塞の簡易チェック法について

IMGP2652_convert_20150812183626.jpg

IMGP2653_convert_20150812183657.jpg

谷内川樋門-親子現場見学会

8月5日、富山県建設業協会主催の『親子現場見学会』で当現場を見学されました。

最初は、麻生谷公民館で、谷内川改修事業の説明・河川工事の説明・樋門工事の説明(富山県高岡土木センター)、当工事の説明(雄基工業)を行い、現場に移動して見学していただきました。

○麻生谷公民館での説明

DSC02380_convert_20150805180419.jpg

○現場見学

DSC02384_convert_20150805180454.jpg

DSC02393_convert_20150805180851.jpg

 記念に、矢板に落書きを行いました。

○全員で記念撮影

DSC02390_convert_20150805180532.jpg

暑い中、ご苦労様でした。

子供たちにとっていい経験なれば幸いです・・・。

谷内川樋門-矢板工開始

8月1日(土)より、矢板工の施工に取り掛かりました。

矢板工:共和クレーン㈲

1日の朝からクローラークレーンを搬入し、10時より北陸電力㈱:送電課の立ち会いのもと送電線の離隔等の確認をした後、打ち込み作業に取り掛かりました。

 

○朝、作業を開始する前に危険予知活動・ラジオ体操を行っています。

IMGP2566_convert_20150804044444.jpg

IMGP2567_convert_20150804044654.jpg

 

○施工場所の上空には、高圧送電線が存在しているため、作業する前に、北陸電力㈱送電課の教育を受けました。

IMGP2544_convert_20150804044246.jpg

IMGP2545_convert_20150804044326.jpg

 

○矢板を打ち込む際は、変位が生じないよう予め定規をセットします。

IMGP2546_convert_20150804044404.jpg

 

○打ち込みは、クローラークレーンにて、電動バイブロハンマで振動をかけながら打ち込みます。

2方向から、鉛直度を確認しながら打ち込みを行います。

IMGP2561_convert_20150804044737.jpg

 

8月5日に矢板工の作業は完了予定です。

≪前の5件を見る

6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16