WORK01

TOP > WORK01

谷内川樋門-戸当り据付

本日(H27.9.29)、無動力オートゲートの戸当り及び軸受埋込金物の据付を行いました。

 

ラフタークレーンで吊り込むため、作業を開始する前に北陸電力㈱送電課立ち会いにより高圧送電線の離隔距離等を確認しました。

IMGP3532_convert_20150929183501.jpg

 

据付を行う前に、材料が規格通りでであるかを監督員に確認していただきました。

IMGP3534_convert_20150929175856.jpg

 

合図者の合図のもと、ラフタークレーンにより所定の位置に吊りこみを行いました。

IMGP3582_convert_20150929183728.jpg

 

位置・高さ鉛直度・水平度等を確認後、予めコンクリートに挿入してある鉄筋に溶接により固定しました。

IMGP3578_convert_20150929183608.jpg

 

作業完了後、現場代理人(中村)により、下請業者検査を行いました。

位置・高さ・鉛直度・水平度等、結果は『良好』でした。

IMGP3588_convert_20150929183816.jpg

 

 

谷内川樋門-9月安全教育②

9月25日(金)15:00~17:00まで安全教育を行いました。

・対象者 土工・コンクリート工:タケウチ工業 4名

・教育内容

 1.今後の工程について

 2.墜落・転落災害について

 3.河川工事の災害事例について(DVD視聴)

IMGP3485_convert_20150926070905.jpg

 4.腰痛予防について(腰痛予防体操)

IMGP3486_convert_20150926071037.jpg

 

○今後の主な行事

 10月2日・・・高岡工芸高校 土木環境科 現場見学

 10月8日・・・護岸第1工区工事 地元関係者工事説明会(麻生谷公民館)

 

谷内川樋門-ミニメロン実食&9月安全教育

今日(9月14日)、午後1時から3時まで安全教育を実施しました。

(型枠工:シーマ工業 4名、鉄筋工:川上鉄筋 3名)

○教育内容

 ・今後の工程について

 ・型枠工・鉄筋工の作業手順の再確認

 ・生活習慣病について

 ・足場法の改正について

 

教育の際に、現場で収穫したミニメロンをみんなで食べました。

甘く、作業員の皆さんには好評でした。

s_IMGP3190.JPG

s_IMGP3314.JPG

s_IMGP3324.JPG

s_IMGP3328.JPG

谷内川樋門-側壁頂版打設

○9月10日に1回目の側壁及び頂版のコンクリート打設を行いました。

・8月30日に底版を打設し、1日おいて9月2日から型枠及び鉄筋の組み立て作業に取り掛かりました。

・9月4日の 午前中に鉄筋の社内検査を受けました。

IMGP3156_convert_20150911193509.jpg

・9月4日の午後から工事中間検査(第2回)を受けました。

IMGP3172_convert_20150911193552.jpg

IMGP3182_convert_20150911193630.jpg

 特に指摘はありませんでした。

・9月9日に型枠工(シーマ工業)の下請業者検査を行いました。

IMGP3221_convert_20150911193842.jpg

・9月10日の朝から、ポンプ車圧送によりコンクリートを打設しました。

 今回は、打設前の受入試験を担当監督員に立ち会っていただきました。

IMGP3233_convert_20150911193943.jpg

IMGP3249_convert_20150911194019.jpg

・本日(打設翌日:9月11日)打設翌日より、散水し、コンクリートを湿潤状態にしています。この状態を7日間(9月17日まで)続けます。

IMGP3268_convert_20150911194050.jpg

IMGP3273_convert_20150911194150.jpg

谷内川樋門-底版打設

8月31日、初回施工分の底版部のコンクリートをポンプ車圧送により打設しました。

コンクリート工:㈱タケウチ工業、圧送工:㈲山崎

 

作業を開始する前に、クレーン作業と同様にポンプ車においても北陸電力㈱送電課立ち会いにより高圧線との離隔について確認しました。

IMGP3012_convert_20150903051922.jpg

 

1台目のコンクリートから試料を採取し品質が適正であるかを確認してから打設を行いました。

IMGP3017_convert_20150903051958.jpg

IMGP3023_convert_20150903052038.jpg

 

打設翌日である9月1日から湿潤状態となるよう散水養生を行っています。

散水養生を9月7日までの7日間行います。

・9月2日朝

IMGP3070_convert_20150903052121.jpg

・9月2日夕

IMGP3089_convert_20150903054242.jpg

 

9月2日より、側壁及び頂版部の型枠及び鉄筋を組み立てています。

9月4日午後より鉄筋の検査(第2回工事中間検査)を受け、9月5日より外側の型枠を組み立て、9月10日にコンクリート打設予定にしています。

1